安全性

細胞毒性試験

試験結果内の「earthplusTM」は、商標登録前のハイドロ銀チタン®の仮名称であり、「earthplusTM」と「ハイドロ銀チタン®」は同じ成分からなる同一物質です。

 

「earthplusTM」の抽出液を用いた細胞毒性試験
(コロニー形成阻害試験) [試験番号:B10757]

試験委託者:株式会社信州セラミックス

2003年1月20日
株式会社三菱安全科学研究所 毒性研究部 大竹誠司

考察および結論

「earthplusTM」の細胞毒性を、V79細胞を用いたコロニー形成阻害試験により検討した。
コロニー形成試験の結果、被験物質抽出液処理プレートでは、抽出液の濃度に依存して、コロニー形成率が低下し、被験物質は細胞毒性を示すものと考えられた。また被験物質抽出液IC50は53.5%(95%信頼限界:47.3〜63.0%)であり、標準材料BのIC50(69.7%)と比較して低値であり、標準材料のIC50(2.3%)と比較して高値であった。したがって、被験物質の細胞毒性は標準材料Bより強く、標準材料Aより弱いもので有ると考えられる。
一方、標準材料Aおよび標準材料Bの抽出液IC50は、それぞれ7%未満および70%未満であり、陰性材料抽出液処理プレートと陰性対照プレートの形成数に有意な差は認められなかった。これらの標準材料A,標準材料Bおよび陰性材料を用いた結果は、適用ガイドラインに示された5.5項の条件を満たすものであり、本試験条件は適切なものであったと考えられる。
以上の結果から、「earthplusTM」はV79細胞に対して細胞毒性を示し、そのIC50は53.5%(95%信頼限界:47.3〜63.0%)であると結論した。また、「earthplusTM」のV79細胞に対する細胞毒性は、標準材料Bより強く、標準材料Aより弱いものであると結論した。

ハイドロ銀チタン グラフ